第35回内藤コンファレンス
(324KB)
 テーマ ユビキチン-プロテアソームシステム:メカニズムから病態まで
 開催日
2013年7月9日(火)〜7月12日(金)
 初日参加受付 -------------- 7/9  15:00−17:00
 最終日終了予定時間 -------- 7/12 13:30
 場 所 シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ (北海道札幌市)
 コンファレンス構成 コンファレンスは、招待講演者による講演と、公募演者によるポスター発表により構成されます。
 参加方法
招待講演者以外に参加を希望される方は必ずポスター発表を行っていただきます。
聴講のみの参加はお断りしております。
ポスター募集期間内にポスター応募ページより、必要事項をご記入し演題をご登録ください。組織委員会において60件を採択します。
   
 費 用
登録料不要、交通費のみ自己負担
*宿泊費(食事代含む)は財団が負担いたします。
 会場までの交通費は、自己負担にてお願いいたします。
*開催期間中は、開催場所に宿泊いただきます。
なお、部屋は原則 2名1室 です。あらかじめご了承下さい。
 
 応募資格
1)テーマに関連して活発に研究している研究者であること
2)英語で発表討論ができること
3)開催期間中4日間を通して参加できること
 特定研究助成金の
 贈呈
当日発表されたポスターの中から、組織委員会にて優秀と認められた10演題には、特定研究助成金(各50万円)を贈呈いたします。
 ポスター演題募集期間
ポスター募集を締切ました。
 
 ポスター演題選考結果
2013年2月〜3月頃に、Eメールにてお知らせする予定です。
 
 セッション
Session A: Basic Mechanisms of the Proteasome
  プロテアソームのメカニズム
Session B: Regulation of Ubiquitylation
  ユビキチン化修飾の生化学/メカニズム
Session C: Diverse Roles of Ubiquitylation
  ユビキチン化修飾の制御
Session D: Pathophysiological Roles of the Proteasome
  プロテアソームの病態生理学
Session E: Ubiquitin and Diseases
  ユビキチンと病気
 
 組織委員
委員長 田中 啓二

東京都医学総合研究所

岩井 一宏 京都大学大学院 医学研究科
中山 敬一 九州大学 生体防御医学研究所
畠山 鎮次 北海道大学大学院 医学研究科
村田 茂穂 東京大学大学院 薬学系研究科
 
 
The 35th Naito Conference Program
** The titles are tentative.
 
Tuesday, July 9
 
15:00-17:00 Registration
17:20-17:30 Opening Remarks: Keiji Tanaka
 
Plenary Lecture
Chair: K. Tanaka
17:30-18:30

New insights into biochemical mechanisms of the 26S proteasome

Harvard Medical School, USA

Alfred L. Goldberg
 
18:40-20:00 Welcome Reception
 
 
Wednesday, July 10
 
7:00-8:50 Breakfast
 
Session A: Basic Mechanisms of the Proteasome
Chairs: W. Baumeister, K. Tanaka
9:00-9:30 A-1

The molecular architecture of the 26S proteasome

Max-Planck-Institute of Biochemistry, Germany

Wolfgang Baumeister
9:30-10:00 A-2

Regulation of proteasome activity

Harvard Medical School, USA

Daniel J. Finley
10:00-10:30 A-3

BAG6 is essential for selective elimination of aggregation-prone defective proteins

Department of Biological Sciences, Tokyo Metropolitan University, Japan

Hiroyuki Kawahara
10:30-11:00

Coffee Break

11:00-11:15 A-4

Short Talk 1: Selected from poster applicants

11:15-11:30 A-5

Short Talk 2: Selected from poster applicants

11:30-12:00 A-6

In-depth analysis of cellular dynamism of the proteasome

Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science, Japan

Keiji Tanaka
12:00-12:30 A-7

In vivo assembly of the proteasome

Department of Molecular Biophysics and Biochemistry, Yale University, USA

Mark Hochstrasser
 
12:30-14:00 Lunch
 
Session B: Regulation of Ubiquitylation
Chairs: R. J. Deshaies, S. Hatakeyama
14:00-14:30 B-1

Mechanism and regulation of cullin-RING ubiquitin ligases

Division of Biology, California Institute of Technology, USA

Raymond J. Deshaies
14:30-15:00 B-2

Regulation of cell death signals by ubiquitination and deubiquitination

Graduate School of Pharmaceutical Sciences, The University of Tokyo, Japan

Hidenori Ichijo
15:00-15:30 B-3

Functional Analysis of F-box protein in vivo

Tohoku University Graduate School of Medicine, Japan

Keiko Nakayama
15:30-16:00

Coffee Break

16:00-16:15 B-4

Short Talk 3: Selected from poster applicants

16:15-16:30 B-5

Short Talk 4: Selected from poster applicants

16:30-17:00 B-6

Regulation of cellular functions by TRIM proteins

Hokkaido University Graduate School of Medicine, Japan

Shigetsugu Hatakeyama
17:00-17:30 B-7

The HRD ubiquitin ligase: managing protein quality control and ubiquitylation to maintain protein homeostasis in the secretory pathway

Max-Delbrück-Center for Molecular Medicine, Germany

Thomas Sommer
 
17:30-19:00 Dinner
 
19:00-21:00

Poster Session 1

 
 
 
Thursday, July 11
 
7:00-8:50 Breakfast
 
Session C: Diverse Roles of Ubiquitylation
Chairs: K. Iwai, S. P. Jentsch
9:00-9:30 C-1

The diversity of the ubiquitin proteolytic signal

Faculty of Medicine, Technion-Israel Institute of Technology, Israel

Aaron J. Ciechanover
9:30-10:00 C-2

Linear polyubiquitination: a new regulator of NF-κB activation

Graduate School of Medicine, Kyoto University, Japan

Kazuhiro Iwai
10:00-10:30 C-3

Structural basis of ubiquitin chain recognition

Department of Structural Biology, Stanford School of Medicine, Stanford University, USA

Soichi Wakatsuki
10:30-11:00

Coffee Break

11:00-11:15 C-4

Short Talk 5: Selected from poster applicants

11:15-11:30 C-5

Short Talk 6: Selected from poster applicants

11:30-12:00 C-6

Ubiquitin-fold modifier 1 (Ufm1) in transcriptional regulation

College of Natural Sciences, Seoul National University, Korea

Chin Ha Chung
12:00-12:30 C-7

Ubiquitin and SUMO in DNA repair

Max-Planck-Institute of Biochemistry, Germany

Stefan P. Jentsch
 
12:30-14:00 Lunch
 
Session D: Pathophysiological Roles of the Proteasome
Chairs: R. Kopito, S. Murata
14:00-14:30 D-1

Diversity of the proteasome

Graduate School of Pharmaceutical Sciences, The University of Tokyo, Japan

Shigeo Murata
14:30-15:00 D-2

Immunoproteasomes in the regulation of protein homeostasis

Institute of Biochemistry, Charité - Universitätsmedizin Berlin, Germany

Peter-Michael Kloetzel
15:00-15:30 D-3

Regulation of inflammatory responses by immunoproteasomes

The University of Tokushima Graduate School of Medicine, Japan

Koji Yasutomo
15:30-16:00

Coffee Break

16:00-16:15 D-4

Short Talk 7: Selected from poster applicants

16:15-16:30 D-5

Short Talk 8: Selected from poster applicants

16:30-17:00 D-6

Regulation of leaf organ size and gene silencing by plant proteasome

Faculty of Sciences, Hokkaido University, Japan

Junji Yamaguchi
17:00-17:30 D-7

Protein degradation in the ER as a hub for metabolic regulation

Department of Biology, Stanford University, USA

Ron Kopito
 
17:30-19:00 Dinner
 
19:00-21:00

Poster Session 2

 
 
 
Friday, July 12
 
7:00-8:50 Breakfast
 
Session E: Ubiquitin and Diseases
Chairs: K. I. Nakayama, M. Pagano
9:00-9:30 E-1

Control of cell proliferation by SCF ubiquitin ligases and its relevance in human cancers

Howard Hughes Medical Institute and New York University School of Medicine, USA

Michele Pagano
9:30-10:00 E-2

Fbw7 is essential for maintenance of quiescence and function of cancer stem cells

Medical Institute of Bioregulation, Kyushu University, Japan

Keiichi I. Nakayama
10:00-10:30 E-3

Identification of a target of thalidomide teratogenicity

Graduate School of Bioscience and Biotechnology,
Tokyo Institute of Technology, Japan

Hiroshi Handa
10:30-11:00

Coffee Break

11:00-11:15 E-4

Short Talk 9: Selected from poster applicants

11:15-11:30 E-5

Short Talk 10: Selected from poster applicants

11:30-12:00 E-6

Regulation of cullin-ring ligases by viral deneddylases

Department of Cell and Molecular Biology,
Karolinska Institutet, Sweden

Maria G. Masucci
12:00-12:30 E-7

The Keap1-Nrf2 system for environmental response

Tohoku University Graduate School of Medicine, Japan

Masayuki Yamamoto
 
12:30-12:45 Announcement
12:45-12:50 Closing Remarks: Kazuhiro Iwai
12:50-13:30 Lunch
 

 演題登録に関する注意事項
 
演題応募方法
オンライン登録は画面の登録方法に従って記入漏れがないように入力して下さい。
   
演題名・本文について
あらかじめワープロソフトなどで作成しておくと、コピーして貼りつけるだけで簡単に入力できます。また、文字飾りや特種記号については、本文入力枠の上部に記載された注意事項をご参考に入力して下さい。
   
演題登録番号および
パスワード
登録が終了しますと、登録番号が自動発行されます。登録番号が画面上に表示されない場合は、演題応募はまだ受け付けられていませんのでご注意ください。
 
オンライン演題登録をした後は確実に登録されているか、確認修正画面にて登録番号とパスワードを用いて必ずご確認をお願いします。
締め切りまでは修正・確認画面を通じて登録した演題を何回でも修正することができます。また、削除することも可能です。この際に登録番号とパスワ−ドが必要となります。締切後は演題の登録、修正、削除等の操作は一切できません。
締切直前はホームページへのアクセスが集中いたしますので、演題提出に時間がかかることが 予想されます。時間的余裕をもってご応募ください。
なお、同一演題で登録画面を使用するのは初回のみであり、以後はすべて修正・確認画面を使用します。
パスワード等の記録および機密保持は、登録者の管理に依存します。また、演題登録番号およびパスワードは登録演題の変更の他、受領確認、採否確認にも必要です。必ず記録しておいて下さい。これらに関しては、セキュリティの関係から問い合わせには一切応じられません。
   
演題受領通知および
演題採否通知
演題受領の有無は演題登録画面にて、登録された演題の演題番号、パスワードを入力してご確認ください。 演題登録時にE-mailアドレスを入力された方にはE-mailでも受領通知が届きます。
また、演題の採否は ホームページ上で採択された演題の登録番号を掲示することにより公開しますので、各自ご確認ください。
   
FAQ&障害報告
演題登録FAQ http://www.umin.ac.jp/endai/userfaq.htm
うまく利用ができない場合には、お問い合わせの前にUMINホームページで障害が発生していないかご確認ください。
演題登録サーバー障害報告 http://www.umin.ac.jp/
 
暗号通信(推奨)
暗号通信ではデータが暗号化されて保護されます。
 
平文通信
平文通信のご利用は推奨いたしません。
平文通信ではインターネット上を、オンライン演題登録の整理番号とパスワードがそのまま流れます。インターネットでやり取りされる情報は、情報の通り道となった施設の人に盗聴される可能性があります。 整理番号やパスワードを見られてしまう可能性があるわけです。この場合、盗聴した人の悪意で抄録が 改変されたり、知らないうちに消されたりということが起こり得ます。
ただし、施設によっては暗号通信を使えない設定でインターネットに接続されている場合もございますので、そのような場合にのみ平文登録をお使いください。
   
新規登録
はじめて演題を登録をする場合にご使用下さい。
 
確認・修正
既に登録済みの演題を確認・修正する際にご使用下さい。
 

 
演題登録
〔暗号通信〕 ※推奨
演題登録
〔平文通信〕

 
コンファレンスに関するお問い合わせ
 
公益財団法人 内藤記念科学振興財団
 〒113-0033 東京都文京区本郷3-42-6 NKDビル8F
 TEL : 03-3813-3005  FAX : 03-3811-2917
 
第35回内藤コンファレンス係
 E-mail : naito35@sunpla-mcv.com